北緯44度の案内人 (2004/12/30)

hokui44.jpg2004/12/30発行 
B5判 32ページ 
価格400円 

完売

※この本は、北緯44度の案内人(短編集)に再録されています。

■概要
 読み切り短編。父の転勤で北海道へ引っ越してきた咲は、極寒の冬の地に心から馴染むことができないでいた。それを見た桃子は...。冬の出会いの物語。

■解説
 おそらく初めての、全くファンタジー要素のない作品。砂原さんが学生時代を過ごした北海道のとある街を舞台にしています。新しい場所を好きになるということと、そこに住む人々を好きになるということは、全く無関係そうでありながらとても深い関係があるということを、「人を通じて風景が見える」というロジックで物語にしています。単純で当たり前だけど大事なことを描いたこの作品は、今でもなぜかとても人気があります。(nhsg)